独立してフリーランスとして働く利点

IT職の働き方としてフリーランスというものがあり、実際にフリーランスになった人が感じ取るメリットは少なくありません。
まず第1に、勤務場所や時間が自由になることです。 場所や時間が思うままになると、行なえることが多くなります。また、朝か夜、自室かカフェかなど、いい環境で仕事ができるようになるのです。プライベートに関しても、混雑を回避して月曜から金曜に観光名所を訪れたり、長期旅行したりしやすくなります。
第2に、自分の価値基準で仕事を選べるのも魅力です。 一個人の興味よりも会社組織の実益を優先させる正社員とは異なり、報酬が高くなくても自分に有用な仕事に参画できます。広範囲の分野で請け負うか、専門分野を絞るのかなど方向性も、自分で決めることが可能です。実際に、フリーランスとして働いている人は、ポリシーや将来性など自分が優先したいことを軸に仕事を決めています。
第3に、人間関係の悩み事が少なくなることもメリットのひとつです。 正社員なら気にしなければならない社内営業が要求されなかったり、抵抗感がある人と仕事をする必要性がなかったりというところに魅力を感じ取っている人は少なくありません。人間関係を保持するためだけに飲み会に加わることも減るため、経済的な悩み事も解消されます。そのうえ、フリーランスとなって時間の自由を確保することで、メンタル的な余裕も持つことができ、周りの人間関係がよくなった人もいると考えられるのです。
フリーランスとしての働き方は、その働き方に魅力を感じたときだけではなく、IT職を辞めたいと思ったときの選択肢にもなり得ます。