不安や仕事の分野も理由のひとつ

自分の理想と仕事の現実に、ギャップを抱く人は多いです。IT職ではこのようなトラブルが起こりやすく、退職理由にギャップの問題を挙げる人は少なくありません。そのため、このまま続けていいのかと感じる人も多いです。
日頃から簡単な作業ばかりを繰り返していると、十分な実力を得られず不安を感じます。IT職は特に技術者として働くので、その将来性を心配することもあるのです。そのような将来性の不安が原因で、IT職を辞める人もいます。
そのほか、IT職を辞める理由としてあるのは、自分の望んでいた分野と違う仕事をする場合です。同時に、自分のスキルを生かせず、十分な結果を出せないケースも挙げられるでしょう。たとえば、特定分野の技術者として就職したはずなのに、違う分野の仕事を任されてはスキルを発揮できません。就職する際、仕事の内容を十分に確認せずに始めてしまうと、このような問題が起こりやすいです。
自分の望む仕事ができないなら、転職して新しい職場を探す方法がいいでしょう。退職して新しい職場を探すのは、負担が大きく簡単ではありません。それでもIT職を辞めるのは理由があるからで、多くは仕事を続けるのが難しいと感じているのです。
転職をする際にはこのようなトラブルを避けるために、自分に合った職場を探す必要があります。好条件の企業に就職できれば、長く続けやすくなるので安心でしょう。働いていて違和感があるなら、転職を視野に入れるのがおすすめです。