現状に不満があるなら早期にキャリアプランニング

現状の仕事に対して不満がある方は特に早期にキャリアプランニングをしていくことが重要になってきます。いまの自分の仕事と自分が望む方向性にズレが生じているのなら、なおさらです。
将来的に自分がしたいと考える仕事の方向性はどういったものであるか、そしていまの自分の仕事の現状はどうなのか、この理想と現実とのギャップをまず認識することがキャリアプランニングにおいては重要です。キャリアプランニングを実現させるためにはギャップを埋めていく作業が必要となりますが、それは早ければ早いほど実現の可能性は高まります。
例えばシステムエンジニアであれば、ある特定の分野のスペシャリストを目指したり、プロジェクトマネージャーとして複数のプロジェクトを束ねたりといった方向性がありますが、どういったものを目指すかによって必要なスキルや知識も異なってくるため、早い段階でどのような経験をしてきたかが重要なのです。
ネットワークの構築などに特化した仕事をしてきた人であれば、それに特化したスペシャリストを目指す方が容易でしょうし、周りもそれを期待します。こういった人がプロジェクトマネージャーを志向したとしても、若いうちから数々のプロジェクトやそのリーダーを経験した人と比較された場合、なかなか希望通りに事は進まないでしょう。
以上の例からも、自分が希望するキャリアアップを目指していくためには、将来の自分の仕事についてキャリアプランニングを早期に取り組み、その実現に必要となる経験を積める選択をすることが非常に重要です。