IT職を辞める主な退職理由

IT職は時代の移り変わりの中で需要が増加傾向にありますが、需要に対して慢性的な人材不足で頭を悩ませているのが実情です。こうした人材不足に陥っている理由のひとつに、退職者の多さがあります。そして、退職していく理由の中で上位に位置しているのは、描いていた現実とのギャップです。
最先端の技術を駆使するIT職に対して、華やかなイメージを抱いて就職する人は少なくありません。しかし、実際は休日の少なさや残業の多さなど、一般の仕事に比べて激務になりやすいことにギャップを感じて退職してしまうとされています。
このギャップは金銭面に対しても同様で、IT職は技術やキャリアが重要となるため、仕事の忙しさが給料に反映されないケースも多くあるのです。こうした収入の不安定さによって、仕事を続けていくモチベーションが低下してしまう点も退職理由として挙げられます。
IT業界では、正社員とは別にフリーランスとして働いている人も多いです。前述したように、技術やキャリアによって収入が左右されるこの業界では、フリーランスでも十分に高い収入を得ることができます。フリーランスは自分で仕事を獲得する必要がある反面、スケジュールや休日などを自分で調整することが可能です。
このような、企業に縛られず自由に働いて収入を確保できる部分に魅力を感じて、退職を決断する人も増えています。その結果、企業に必要な人材が集まらないという状況を招いてしまっているのです。